コラム - 2012年の記事一覧 | Nexal
私たちは、ネット×リアルビジネスを最大効果へ導くファシリテーション型コンサルティング企業です。 お問い合わせ

2012年 の記事

「客」と「顧客」の使い分け、どうしてますか?

皆さんは「客」と「顧客」の言葉としての使い分けはどの様にされていますか?
「そもそも使い分けしていない。」や「違いってあるの?」といった意見があるかと思います。今回は、「ちょっとした事かもしれないけど、時と場合によっては気を付けた方がいい言葉の使い方」という主旨で、「客」と「顧客」の違いを解説します。

続きを読む

企業の危機対応力 ~企業理念と広報の在り方~

「企業の危機管理」
企業の不祥事や想定外の出来事が起きた際、よく耳にする言葉です。そしてその度に、様々な専門誌や書籍で広報術や組織論などの「方法論」が取りざたされます。今回は「企業の危機管理に重要な事とは何か」を有名な『タイレノール事件』から考えたいと思います。

続きを読む

リードナーチャリング勉強会(ver2012夏)開催!

リードナーチャリング勉強会(ver2012夏)

~最先端動向に学ぼう!! 外資系ベンダーによる海外マーケティング・オートメーション事例~

株式会社Nexal(本社:東京都港区、代表取締役社長:上島千鶴「以下Nexal」)は、来る9月14日(金)に恒例のリードナーチャリング勉強会を開催致します。この勉強会は、「~Web来訪者を顧客に育てる~リードナーチャリング 出版:日経BPコンサル 2009年11月発行」の筆者Nexal上島が中心となり、一般企業のマーケ担当者、販売推進担当者からWeb制作会社、各種ツールやITベンダー、サプライヤーまで、売り込み目的ではなくフラットに議論できる交流の場として、非定期で開催しているものです。5回目となる今回の勉強会では、多方面からゲストをお招きして海外の最新動向や国内の取組についてお話を伺います。お席には限りがありますので、お早めにお申し込み下さい。

■ 開催要項

☑ 日時:2012年9月14日(金)13:00-21:00
※勉強会は1部と2部の2段構成となっております
【1部:Session】 13:15~17:00 (受付開始 13:00)
【2部:Reception】17:20~21:00 (受付開始 17:00)
☑ 参加料金 :1部+2部 – 1万円/人(税込)
2部のみ – 6千円/人(税込)
☑ 定員 :1部100名様(応募者多数の場合抽選となります)
2部40名様(1部からの参加者を含む 合計140名)
☑ 会場 :〒101-0022 東京都千代田区神田練塀町3 富士ソフト秋葉原ビル
1部 6F セミナールーム1
2部 5F レセプション会場
☑ 地図 :秋葉原駅からアキバプラザまでのアクセスMAP
☑ 主催 :株式会社Nexal
☑ 後援 :株式会社日経BPコンサルティング
☑ メディア協力 :ITmediaマーケティング
Web担当者Forum

続きを読む

新人Webアナリスト必読! 生ログ解析で失敗しないための12のチェックリスト

みなさん、こんにちは! ニコライです。

今回はWebサーバの生ログを使ってアクセス解析を行う場合の注意点をまとめてみました。

続きを読む

リード・マネジメントとマーケティング・オートメーション【中級編】

今日は、すでにリード・マネジメントやナーチャリングに取り組もうとしている企業様向けに、リード・マネジメントツール(Lead Management)と、マーケティング・オートメーションツール(Marketing Automation)について分かりやすく解説したいと思います。

リード・マネジメントシステムだけでは、ナーチャリング・シナリオの自動化は実現できません。リード情報を時系列に管理するツールはデータ・ストック型、オートメーション(自動実行型)はフロー型になります。

また、マーケティング・オートメーションは、相手のリードタイミングや状態に応じてコミュニケーションフローを実行するための機能であり、リード(接点)を時系列で管理するツール=ストック型だけでは、シナリオを自動実行することはできません。※対面折衝やアウトバウンド・コールなど、リアル・ナーチャリングを行う場合は、リード管理だけで十分な場合もあります。

日本企業ではリードやリード情報自体を一元管理されていない企業が多いため、どうしてもリード管理ツールを導入するだけで、あとは人手を介して運用することが多くなります。

続きを読む

なぜ不満足体験ばかりクチコミされるのか

「ネガティブな体験は共有されやすいのに、ポジティブな体験は共有されにくい。」
その様に感じているマーケ担当者も少なくないのではないでしょうか。

今回はその事について考察をしたいと思います。

続きを読む

ブランドの体幹を鍛える『インナーブランディング』のエッセンス

これまでに、何度かエントリしたインナーブランディング周りの事についてのまとめとして、インナーブランディングのエッセンスを纏めてみたいと思います。

※インナーブランディングの考え方については、以前エントリした記事『従業員満足(ES)から考える顧客満足(CS)』や『顧客満足の背景』や『「ホスピタリティ」と「サービス」の違いと人材の関係』をご覧ください。

続きを読む

リードとは何か、シナリオとは何なのか【中級編】

現在、リード・ナーチャリング実践編の書籍執筆を急ピッチで進めていますが、その中から、前提となる「リード」について、先にブログにまとめておきます。

海外では、

Sales Lead
Marketing Qualified Lead
Sales Ready Lead
Sales Qualified Lead

など、リードを区別するために様々な”言い回し”があります。しかし日本語で書かれているホワイトペーパーなどは、通り一遍に「見込み顧客/見込み客」などと意訳されることが多く、誤解を招く訳かな?と思います。

続きを読む

顧客満足の背景

ブランディングとは何か?
突然ですが、皆様はブランディングを説明しなければならない時、どのように説明をされていますか?

この問いには色々な答えが返ってきます。誰かは「認知を促進すること」と言うでしょう。そして別な誰かはきっと「ブランドを理解してもらうこと」と言うでしょう。その他にも「どれだけ情報を流通させたか」という数字的な視点を持っている方も居ます。

では、ブランディングとは何でしょうか。

続きを読む

従業員満足(ES)から考える顧客満足(CS)

前回の記事では「ホスピタリティ」と「サービス」の違いと人材の関係という内容で、インナーブランディングにとって重要な要素を紹介しましたが、今回は従業員満足からのインナーブランディングと顧客満足についてのお話です。これは昨今のトレンドであるソーシャルメディアマーケティングにおいても重要な事であると考えます。

最初に結論から申し上げると「裏付けの無い顧客満足志向はリスクである」という事です。その裏付けとは何か、それこそが従業員満足であり、そこから醸成される社内の自社推奨意向、所謂インナーブランディングです。

続きを読む
1 / 41234
Copyright©Nexal, Inc. All Rights Reserved.