オムニチャネルシナリオ設計 | Nexal
私たちは、ネット×リアルビジネスを最大効果へ導くファシリテーション型コンサルティング企業です。 お問い合わせ

OMNI CHANNEL SCENARIOオムニチャネルシナリオ設計

販売網(チャネル)が複数あり、店舗や訪販、コールセンター(電話)や郵送DM、Web(EC)など、
お客さまに合わせて複数チャネルを跨いだコミュニケーションシナリオを設計して欲しいという企業さまにお薦めします。

このような課題・ご要望をお持ちの方へ

期待される効果

コンサルティングの流れ

STEP01
現状のカスタマジャーニーマップの整理と課題
社内に存在する接触データ、業務フローや分析などから、現時点でのカスタマジャーニーマップを整理し、課題を全て洗い出します。
STEP02
最適なシナリオ設計と検証
成功モデルや実体験などセグメント軸に応じて分類した顧客別に、最適なコミュニケーションシナリオを設計し、検証プロジェクトとして実証実験を行います。
STEP03
運用における課題や今後の実行計画
検証シナリオ終了後、運用における課題を整理し、今後の具体的な計画を練っていきます。特に不足している追加接点の計画や、個別コミュニケーションを実行する上での体制・仕組みなど、実行計画を一緒に作り上げます。
  • ※ オムニチャネルシナリオ設計は、課題整理フェーズ、検証フェーズ、戦略フェーズ、実行フェーズなど、どの時点での設計かに応じて進め方は変わりますので、個別にご相談ください。

アウトプットの一例

実施内容やアウトプットはお客様によってかわります。下記レポートイメージは一例です。

カスタマジャーニーの整理
現在のプロセスがどのような状況か、ヒアリングや業務フロー・現状分析を元に整理します。
顧客のセグメント軸の議論
個人の契約有無に関わらず、さまざまな視点からセグメント軸(層)を整理し、顧客に合わせたチャネルの最適化とはどうあるべきか議論します。
接触・接点の整理
購買プロセスや業務フローに応じて、どのようなタッチポイントがあるか整理した例です。

関連する実績

Copyright©Nexal, Inc. All Rights Reserved.